プロミスから借りたお金の返済が出来ないとき

プロミスに返せないときは債務整理をする

プロミスのキャッシングは金利が高いため、借りると利息の負担が考えている以上に大きくなってしまうこともあります。返済にかかる負担が想像以上に大きかった場合や、借り入れ件数の増加や何らかの事情によって払えなくなってしまった場合には、そのままにせずに債務整理を検討してみましょう。

 

借金は返せないからといって放置をしてても解決は出来ず、プロミスのような大手キャッシングの場合には給料の差し押さえなどの強制的な徴収を行う場合もあります。もちろん払わないままにしていれば催促の電話が携帯、自宅、会社へとかかってくることになりますので、周りの方に借金をしていて払えていないことがばれてしまうことにもなります。

 

しかし債務整理であれば、着手をすればすぐに催促の取り立ての連絡は止まり、さらには家族にも会社にも内緒で整理が出来ますので、誰にも知られずにプロミスから借りたお金を返済していけるようになります。

 

昔は債務整理を弁護士に頼むと費用も多くかかってしまったり、相談をするだけで数万円もかかるようなところもありましたが、最近では弁護士も競争が激しいために相談を無料とし、365日24時間日本全国対応とするところも多くなっています。

 

払えない借金をそのままにするのではなく、収入を得ていて少しずつなら返済が出来る方であれば、借りたものは払える計画のもとで少しずつでも着実に返していくようにすれば、今の借金の悩みからも開放されることでしょう。

 

債務整理の中でもメジャーである任意整理

債務整理にはいくつかの種類がありますが、プロミスの借金のようにあまり大口の借り入れではないものであれば、自己破産や個人再生の手続きではなく、任意整理とする場合が多いです。もちろん月々の収入がある場合に限られ、失業をしてしまったなどの理由で収入が無いとするならこの限りではありません。

 

任意整理は簡単に言ってしまえば借金返済の交渉であり、債権者に対して「払っていくけど今の状況では厳しいから見直してほしい」とするものです。交渉となるので債権者の合意が得られないと任意整理は成立しませんが、借金問題のプロである弁護士に任せておけば、名の知れた消費者金融相手ならスムーズに進めてくれます。

 

もちろん弁護士に依頼をすれば全ての手続きは弁護士が行うため、借り手側が直接プロミスに交渉をするわけではありません。

 

債務整理の中の任意整理を行うメリット

任意整理を行うと、今現在プロミスから借りている金額に対しては利息が発生しなくなります。また、月々の返済額も現状では厳しいのであれば縮小することも可能であり、その分だけ返済期間は長くなってしまいますが、毎月少しずつ払っていけるようになるのです。

 

キャッシングの返済は利息が高いことによって返せなくなるパターンが多いため、任意整理によって利息が発生しないのは大きなメリットであると言えるでしょう。また、プロミスと借り手の間に弁護士が介入するため、以後の支払いは弁護士経由、プロミスからの連絡は全て弁護士に行くために取り立ても止まるのも良い点です。

 

債務整理を行うデメリットも理解する

借りたお金が返せない、払えなくなって債務整理をするとなると、信用情報に事故情報が記載されてしまいます。記載されたネガティブ情報は完済をしてもすぐには消えてくれず、完済後5年を超えない期間については残り続けます。

 

ネガティブ情報が記載されている間は大体の業者でカードの作成やローン契約が出来なくなりますので、債務整理をする際にはそのあたりも含めてよく考えなければなりません。

 

借金を返さないままでもブラックになる

信用情報におけるブラックの情報は、何も債務整理だけが原因で記載されるわけではありません。長期間に渡って返済をしなかった場合にも同様にネガティブ情報が記載されることになり、完済をせずに残債がある状態が続けばいつまで経っても事故情報は消えてくれません。

 

債務整理を行ってしっかりと支払いをし、完済をすれば一定期間経過で消えるのと、返せないからといつまでも払わずにいつまでもブラック情報が残り続けるのでは、どちらが良いかは明白であると言えるでしょう。

 

弁護士に依頼をする際には信頼の出来る事務所で

弁護士に債務整理を依頼する場合には、信頼の出来るところを選ぶようにしましょう。最近では弁護士資格を持たずに違法な営業をするようなところもあり、相場から大きく外れた高額な着手金や報酬の請求をされる場合もあります。

 

払えなくて困って相談をするのに多額の請求をされても困りますので、安心して依頼が出来るところに相談をするようにすると良いでしょう。

 

依頼をする前には料金面の確認もしっかりと

債務整理の依頼をすると着手金の支払いなどが発生します。きちんとした法律事務所や弁護士であれば料金も明確に提示しますので、依頼をする相談の段階で料金についてや、以後に余計な支払いがないかどうかも確認してください。

 

過払い金が発生している場合には返還された分に対する割合報酬とする場合がほとんどですので、昔からキャッシングを使っていて過払いが発生している可能性がある方については、特にこの過払い報酬についても聞いておくべきです。

 

しっかりと確認をしておかないとせっかく戻ってくるはずだった過払い金も、多くが報酬として取られてしまう場合もありますので、注意が必要です。

安心してプロミスの債務整理が依頼出来る弁護士事務所

大手プロミスの借金相談であれば、信頼の出来る実績のある弁護士への依頼が最適です。以下の樋口総合法律事務所と弁護士法人・響は、借金の悩みについての相談が無料であることや、債務整理に強いことで高い評判と実績を誇り、多くの借金に悩んでいる方を手助けしています。

 

相談料金は0円で費用は分割払いにも対応し、最短で即日対応可能なためにすぐにプロミスからの取り立てを止められるようになります。また、家族や会社に内緒で秘密厳守の手続きとしてくれますので、周りに内緒でお金を借りていた方でも安心して相談、依頼が出来るようになっているのです。

 

現在の返済金額では厳しい方も、長期の減額分割返済を可能な限りで実現してくれますので、プロミスの借金が返せない方、払えない方は一度無料相談で話を聞いてみると良いでしょう。

 

 

弁護士法人・響

弁護士法人・響の特徴

無料相談が出来ますので、債務整理についての不安点や疑問点、手続きについて知りたい方も安心して話を聞けるようになっています。交渉力に定評がありますので、プロミスだけでなくその他のキャッシングについても可能な限りで減額を行ってくれます。

相談料金 0円
実績 評価5
備考 費用は分割で支払えるため、現時点でお金が無い方も安心です
 

 

 

樋口総合法律事務所

樋口総合法律事務所の特徴

日本全国対応となっていますので、どこからでも相談、依頼が出来ます。メールでの相談は無料となっており、自身の状況に合わせた最適な債務整理を提案してくれます。家族や会社に借金を知られたくない状況でも秘密厳守で進めてくれるため、安心できます。

相談料金 0円
実績 評価5
備考 弁護士費用の支払いが不安な方もまずは相談を