MENU

返済を延滞している状態での債務整理

借金の支払いを延滞してしまったという場合には、延滞した日数によって遅延損害金が発生してしまいます。

 

そのため、現在抱えている借金額が増えていってしまい気付いたときには返済することが不可能な金額になってしまうこともあるでしょう。返済が不可能になってしまったからといって延滞を続けていますと、ある日突然今までの借金を一括で返済するようにという督促が来るということもあるのです。

 

このような支払いを延滞している借金の場合であっても、債務整理をすることは可能です。毎月の支払いがどうにもならずに悩んでいるという方は、債務整理によって借金問題を解決していくというのも一つの手なのです。債務整理をした場合には、借金の減額や、今後返済していく分の利息の取り消し、長期での分割返済をすることが出来るようになります。

 

さらに、債務者にとって大きなメリットとして挙げられるのが、借金の取り立てを停止させることが出来るということではないでしょうか。延滞してしまっている借金についての毎日の厳しい取り立ても、債務整理をすることで無くなります。

 

延滞している借金をそのまま放置していても無くなることはありません、どんどん膨らんでしまうだけです。早めに解決したいと思っている方は債務整理という方法を考えるのも良いでしょう。