MENU

一番大きな債務整理はこの自己破産

債務整理には色々な方法が存在しますが、その中でも一番大きな方法が自己破産です。他の方法では借金は残ってしまいますが、自己破産をすると借金は全て失われます。

 

大量に借金を抱えて困っている方に最後の手段として利用出来る方法であり、債務整理の中では最も時間のかかる方法となります。そのため長期戦を覚悟することも予想されます。

 

自己破産をすると全ての借金を無くすことはできますが、それによるデメリットも出てきます。まず住宅や車といったものは債権者への返済に充てることとなり、強制的に売却などの手続きが取られます。債務整理の中でも一番大きな方法なので、どうしてもこうしたデメリットは覚悟しなければなりません。また貯金に関しても一部を除いて処分対象となります。

 

更に裁判所の判断によっては認められない場合があります。自己破産を認めてくれるのは裁判所であり、自分で勝手に行うということはできないのです。裁判所がいいと判断した場合は自己破産が成立しますが、駄目だと言われた場合は他の部分でやり直しをするか、最初から考え直すこととなります。

 

債務整理の中では一番高い効果を持つ代わりに、時間と手続きが非常に難航しやすいものです。ただ借金を返せる見込みがない場合はこの方法が望ましいです。